ウェアラブル端末の課題と市場規模予想

スポンサーリンク


ウェアラブル端末の前の記事を読んでいない方はこちらから
ウェアラブル端末の利点と欠点について


ウェアラブル端末はまだまだ普及していませんが、
普及するにはそれだけの利便性が必要です。

今までのスマホでは実現不可能な機能がなければ
スマホで十分です。

どういった機能があるといいのでしょうか?

そして今後市場規模はどうなっていくと予想されるでしょう。

スマホとの差別化


スマホとの差別化を考えるなら、検索しなくても
リアルタイムで情報が表示される機能などが考えられます。

腕時計型だとほとんどの機能がスマホで十分なんですよね。
結局下を見て操作するみたいな。


だからすでに発売されているものもぱっとしないんです。

ウェアラブル端末として大きな可能性があるのは
やっぱりGoogle Glassのようなメガネ型です。


視覚でとらえた物体をもとに提供される情報があったり、
自動で必要な情報がレンズにでるなど、
腕時計型じゃ無理な機能が実現できますからね。

ウェアラブル端末の市場規模予想


では今後ウェアラブル端末はどのくらい市場に
出回るようになるのでしょうか?

2014年現在ウェアラブル端末は腕時計型なら
何種類か出回っていますが、スマホなどと大差ありません。

身体に身に着けるメリットを感じられるのは
グーグルのGoogle Glassくらいしかありません。

なのでGoogle Glassのようなメガネ型の
ウェアラブルデバイスの市場での普及を予想してみます。


私は使用したことはありませんが、
実際に使用した人の話を聞くと、慣れたらこれがないと
生活できなくなりそうだというほど便利らしいです。

でも一般普及するためにはまだまだ問題はあります。

とりあえず日本語対応してないので、日本で普及するのはまだ無理です。

あと価格が1500ドルと15万円ほどします。

15万円くらいなら購入する人は多いと思いますが、
携帯のようにみんなが所持するには高すぎます。

あとメガネをしている人はかけられないですよね。

もし一人一台Google Glassを持っていたと想像してください。

全員同じメガネしてるなんて光景気持ち悪すぎます。
誰だかわからなくなります。笑

それにずっと画面を見ながら移動するのって酔いそうです。
画面の情報見ながら歩いてたり運転してたら
事故が起きそうだしね。

というわけで誰もが持つものではなくて、
機械好きの人が持ち歩くレベルの市場になると思います。


グーグルも現状じゃそういうレベルだとわかってるでしょうね。

今は試作段階でこれから改善するのでしょう。

メガネじゃなくてコンタクトタイプも考えられてるらしいし。

まだ想像できないけど、今後当たり前になる可能性もあるから
未来は予想できません。笑


この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ