ウェアラブル端末とは?利点や欠点は何があるのか

スポンサーリンク


ウェアラブル端末とは何か知っていますか?

海外では認知度がどんどん上がっていますが、
日本ではまだそこまで知られてはいません。

簡単に言うと体に身に着けられるコンピュータのことで
腕時計やメガネ型をしたものが開発されています。


これの利点や欠点はどんなものがあるでしょう。

そしてウェアラブル端末の市場規模はどのくらいになると
予想されるのでしょうか?

ウェアラブル端末とは


上でも書きましたがウェアラブル端末とは
手で持っている必要がなくて、身体に身に着けることができる
コンピュータ端末のことです。

以前から似たようなものの開発は進んでいましたが、
大きさや重量の関係で商品化には至っていませんでした。

スマホなどは重いとは感じないと思いますが、
あれをメガネのように常に頭につけていたらけっこう邪魔です。

ヘッドマウントディスプレイというメガネというのか
ヘルメットというのかそのような大きさのものもありましたが、
一般で使うにはでかすぎました。

ですがGoogleがやっと商品として作り上げて、
Google Glassというメガネ型のウェアラブル端末を発売します。

重量は普通のメガネと変わらず、ウィンクや頭の動き、声などで
動作できるようになっています。

それではウェアラブル端末の利点と欠点はなんでしょうか?

利点


まずメリットですが、
ハンズフリーで操作できるのは非常に魅力的です。

スポーツをしていたり外出先で手が自由にならない状態でも
写真や動画を撮ったり、自分の知りたい情報が得られます。

他には検索しなくても自動で周辺情報が表示されたり、
道案内などもできるようになりそうです。


メガネ型のウェアラブル端末ならメガネに写った情報が出たり、
お店だったらそれがどんな商品なのか、値段はいくらなのかなども
わかるようにすることができるはずです。

利点は技術開発によってまだまだ広がっていきます。

欠点


欠点として問題になりそうなのがプライバシーと情報漏えいですね。

写真や動画が撮られていても気づかないでしょうし、
自分の個人情報が抜き取られているかもしれません。

それに小型化軽量化が進めば、落としたときに
個人情報ががっぽり盗まれてしまいます。

今のスマホでも同じことが言えますが、
コンピュータの技術が進んでいくほど
情報漏えいの問題はついて回りそうです。


あとはスマホなどとの差別化です。
ただ単に体に身に着けるだけだったらスマホで十分です。

それをどうするのかが重要です。

つづきはこちらから


この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ