伊良湖-師崎間のカーフェリーが2014年9月で廃止!

スポンサーリンク


伊良湖と師崎を結ぶ名鉄海上観光船のカーフェリーが
2014年9月をもって運航廃止となることになりました。

知多半島と渥美半島を車を載せて船で移動できる
貴重な路線だっただけにもったいないのですが、
いくつかの理由から廃止されることになりました。

廃止となった理由


フェリーが2014年9月で廃止される1番の理由は
やはり採算がとれないためです。


ここ数年は毎年のように赤字を計上していて
不採算路線でした。

知多半島から渥美半島へ行くにはフェリーを使うのが
1番便利なのは確かですが、
最近は道路が整備されてきていて船を使わなくても
以前より移動しやすくなったというのもあります。

またフェリーに車を載せれば数千円から1万円前後の
料金がかかるので、それなりにお金がかかります。


自転車でも2000円近くかかりますし、
原付バイクでも3500円かかります。

そのため利用する人も年々減少してきていて、
燃料の高騰もあり、黒字化が難しくなっていきました。

そしてフェリーも運航してから20年がたっています。

買い替えるのに10億円かかるらしいので、
赤字路線にそれだけの投資をするのは無理なので、
伊良湖-師崎間の運行は廃止になることになりました。

フェリー廃止でどうなる?


廃止されると車を船に載せて移動することが難しくなります。

この区間は高速船があるので、人が移動することは
2014年9月以降も可能ですが、利用していた人にとっては
不便になりますね。

でも赤字じゃ会社を経営している以上、
続けるわけにはいかないから難しいんでしょうね。


もう少しコンパクトなサイズのカーフェリーがあれば
維持費も少なめですんで多少ましになると思いますが、
まぁしょうがないですね。

市や県が支援してくれないかという期待をしている人も
いるようですが、おそらく支援はないと思われます。


支援しても利用者が少なく
採算がとれないのは変わらないですからね。

国が橋とかかけてくれたらいいですが、
あそこに橋つけるなんてことはしないでしょうね。

名鉄海上観光船に限らずフェリーを運航している
会社は営業するのは難しくなってくるのではないかな?


この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ