公文式の教室や教材の評判は?国語算数英語のどれがおすすめ?

スポンサーリンク


公文式ってCMでよくやってるし、街中でも見かけるので
知っている人が多いと思いますが、
本当に勉強方法として有効なのかな?と思うかもしれません。

たくさん教室はあるけど、場所によって違いがあるのか、
教材はどういったもので、どんなふうに勉強を進めていくのか?

また、国語や算数、英語などの科目では
どれが一番おすすめなのか、
小学生時代に通っていた私が経験談を書きます。

公文式は役に立ったか?


私は公文式に通ったおかげで人生が変わったと
思えるほど役に立ちました。


行かなかったら行かなかったで、
同じような道に行ってたかもしれませんが、
それはもうわかりません。

習っていた科目は小3から小5までは国語と数学。
小6からはプラスで英語をやりました。

一番役に立ったのは数学です。

私は小6の時点で中3の数学問題を解けるようになっていました。

私の時代は図形問題が私がやった範囲ではあまりなかったので、
計算問題がメインでした。

中学生に入ってからは塾に通ったのでやめましたが、
おかげで中学生の間の計算問題はほとんど習う前から
知っている問題ばかりでした。

国語は途中から問題が難しくなりすぎて
漢字くらいしか役に立ちませんでした。


英語は書いてある単語をなぞっていただけという
思い出しかありません。

isとinは似てるけど何が違うのかなぁってレベルでした。笑

だから私にとっては算数・数学が一番ためになりました。

公文式の勉強方法


では公文式の勉強方法についてですが、
塾などとは違って、先生が一つ一つ教えてくれるわけではありません。

教材の最初に解き方の方法が書いてあって、
それにならって他の問題を自分で解いていきます。

わからないことは教室の先生に聞けば教えてくれますが、
基本は自分で考えて解いていくという勉強方法です。

なので、教材に書いてある説明が理解しづらい人や、
自分から先生に聞きにいけない人には向いていません。


先生じゃなくても親が勉強を見てあげられるなら
十分効果があります。

私はいつも親に見てもらっていました。
おかげで理解が非常に高まりました。

人によると思いますが、合う人にはとても
有効的な勉強方法だと思います。

教室による違い


公文式は通う教室によって全然やり方が違います。

定期的に発表会があったり、みんなの前で表彰がある
教室もあります。

逆に何もなくてひたすら勉強というところもあります。

私が通っていたところは、がんばるとシールがもらえて
たまると時計や文房具などと交換できる制度がありました。

教材はみんな一緒ですが、やり方が教室によって異なるので
近くにいくつかある場合は調査してみてください。


この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ