疲労骨折で足の甲やすねに痛みがでたときの治療法

スポンサーリンク


疲労骨折は陸上やバスケやサッカーなど
激しい運動をする人に良く見られる症状です。


特に足の甲やすねで痛みが出るのは、
陸上だったりバスケなど、
走るスポーツをする人がよくなります。

私も陸上をしていて、
疲労骨折の一歩手前までいったことがあります。

足の甲やすねが痛み出したときに
どう治療すればいいんでしょうか。

疲労骨折の症状とは


疲労骨折は普通の骨折のように、
一回の衝撃でポキッと折れるのではなく、
痛みが蓄積していって、
折れてしまう症状です。


ポキッと折れるだけでなく、
ひびが入ったりするのも含まれます。

折れるまでに足の甲やすねが
非常に痛くなるので、
事前に予防したり治療することは可能です。

最近は疲労骨折が原因で、
箱根駅伝でリタイアした選手がいたり、
マラソンに出場するのを辞退した
選手がいてニュースになりましたよね。

疲労骨折の原因


原因はいくつか考えられます。

・走るフォームが悪いため、足に負担がかかっている。
・筋肉が足りなかったり疲労しているため、
 骨に負担がかかっている。

ほとんどが過度な運動量によるものです。

ただ、スポーツをしている人は
練習をたくさんしなければ上達しないので、
練習をするなというのは無理な話です。

足首やすねの痛みとつきあいながら、
競技をしている人はたくさんいます。

また偏平足が原因で、足の甲に痛みがでる
場合もあります。

足の痛みの予防と治療法


完全に治療するのに一番有効なのは、
運動を休息することです。


1か月ほど休めば改善していきます。

でもそんなに休むのは無理ですよね。
練習しながら治療する必要があります。

当たり前のことですが、運動をする前後に
体操やストレッチをすることは大切です。

いきなり激しい運動をすれば、
それだけ負荷はかかりやすくなります。

テーピングやサポーターなども
効果がある場合があります。

すでに痛みがある場合は、
氷などで冷やす必要があります。

家に帰ったらお風呂につかって、
お風呂から出たら、ストレッチをしましょう。

疲労骨折が進行してきたら


もうやばいときは、休むしかありません。

骨折したら、回復に長時間かかるし、
大会が近いとかいってる場合じゃないです。

病院に行って治療してもらってください。

治療中も足に負担がかからなければ、
運動することは可能です。


水の中での運動も負担が少ないので、
有効な練習法です。

とにかく、まずは治すことに専念しましょう。

私は学生時代、ずっとすねが痛かったですね。
触るだけで衝撃が走ってました。

私の場合はシンスプリントという状態でした。

まぁ練習環境がよくなかったので、
周りのみんなもなって大変でしたね。笑


この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ